支払金額は愛車の車重によって決まっています

自動車重量税、略して重量税という税金は、国産車でも輸入車という自動車の生産国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、クーペなど自動車の形も関係なくたとえばミツビシやジャガー、等でも掛かってくる税のことをいいます。ハゲ(AGA)M字、てっぺん、銀座カラーどころじゃない

新車登録をする際、または定期車検の場合に納税が必要になる税金になります。リネットプレミアム会員

支払金額は愛車の車重によって決まっています。美容 外科 面接

「自動車重量税」と「自動車税」は違うもののため基礎を理解して間違えないようにしなければなりません。バイク売る 事故車

「自動車重量税は自動車のウエート毎に」「自動車税は車の排気量によって」その税額が違います。バイナリーオプション インジケーター

それで引き取りの時の扱いも変わりますので注意が必要です。japantravelguide

中古車の買い取りのときには支払い済みの車の重量税がいくら残っていたとしても、その金額が返還されることはないですが、一方で、自動車税でしたら既に支払った残存税額を売却額に上乗せしてくれるようなことがなくはないですが重量税の時は足されるケースはほとんどありません。

重量税については、売却時に既に納めた額があると言っても自動車の買取店の方でそれが材料になることはまずないです。

ですからその次の支払い要は車検に出すまで売却を保留し買い取りを依頼するという手法が一番良いでしょう。

自動車の買取の際は還付の対象にならない重量税でも特別な場合では還付されることがあります。

それは車検が残っている自動車を廃車にする時です。

つまり、抹消登録をすると残っている期間に従って重量税が戻ってきます。

しかし、買い取りの場合はその自動車が廃車になるのとは異なり還付されません。

さらに自動車の名義変更をしてしまった際や、盗難被害に遭った時なども返還してもらうことは不可能です。

自動車重量税の残っている期間があるクルマを売るということは要は車検の効力が残っている車ということになります。

店側も配慮しますので、重量税の期間が残っていればある程度買取金額は上乗せされると思います。

勿論査定額は業者次第で違ってきますが車検が残っていることが考慮されれば愛車の買取額からみたらそこまで損をするということもありません。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.iamorangemags.com All Rights Reserved.