www.iamorangemags.com

外国為替証拠金取引の面白いところは、単一の投資の商品であるのに、投資期間を短い・普通・長いという3つの中からどれを選択するのかによって投入の手法がまるっきり異なってくることにあると言います。第一に外国の貨幣へ投資の「長い時間をかけるスタンス」に関して詳しく見てみよう。長期の投資は、一年以上の長期出資が原則とされているのが通常です。普通は為替レートで、一年以上後の為替レートが円高か、もしくは円安だろうかを考えるなんていうことはほとんど難題なはずです。当然、「そこまで先の変動はわからない」と思うのが本当のところだからです。予想もできないものを頭を使って考えようとも、無謀なことです。そういう訳で、外国の貨幣を買って、その時の買いレートよりも円が高くなったとしてもそのマイナス分は近い将来円安に戻るだろうというポジティブな感覚で売買にチャレンジすることが大切です。儲けを無理に狙うばかりでなく別の差益言い換えればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を上げるということを、まず最初の望みと決めて出資しましょう。当たり前ですがちょっとの間で為替変動の影響で損がなることがあります。ですから、そのような損失が膨らんでもさほど困らないようレバレッジを必要最小限で売買するのは大切です。外国為替証拠金取引は損失が一定範囲以上大きくなってしまうと、追加保証金(追い証)を払わなければならなくなったり、もしくはロスカットを置く必要があります。ストップロス(ロスカット)を置いたら早くトレードを終了しなければならず、長期取引がストップしてしまいます。リスクを避けるにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にして売り買いするのが安心かと思います。次は中期の投資を狙った売り買いについてです。中期では一番長くても1?2ヶ月くらい経った頃を推測してのトレードを行うのです。為替の売買の時、およそ1ヶ月くらい先のことはだいたいの場合推測しやすいでしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)等の国際的な集まりの議題やマーケットで売買している人たちが何をことに興味を持っているかを調べれば、だいたいの場合、予測できるでしょう。経済の状態を見ながらなお、グラフを確認することによって為替レートの変動を理解し売買を見極めるといいと思います。基本的に経済の状況とテクニックのどちらも良い状況であり、または買いが同じであればまずその方向に変動すると思って問題ありません。そのような時は保有高を増やしておく事で一層大きいリターンを手に入れられるはずです。最後に短期スタンスの要点です。ここでいう短期トレードが指しているのは、言い換えれば日計り取引のことを言っています。為替市場でデイトレーディングをする場合は経済の状況はまったく関わりがないと断定していいです。どうしてかというと明日の為替レートの動向に経済情勢は影響しないからです。この場合の最大のミソは注目されるイベントがありそれが影響して為替のレートが変化するチャンスを待って取引することです。たとえば、アメリカにおいて雇用の情勢が公開される、それとも金利政策などによって制作金利が動くというようなこと。こうした大事な機会に変わり目を逃さないといった理由で、短期のトレードでは様々なものが必要となる。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.iamorangemags.com All Rights Reserved.